赤ちゃん かぶれ あせも

赤ちゃんを皮膚トラブルから守る

 赤ちゃんは皮膚が弱いため皮膚トラブルが起きやすくなります。適切に対処して、皮膚トラブルの予防・改善をしてあげましょう。皮膚トラブルは、清潔と乾燥が大切です。

 

 

おむつかぶれ

 おむつはこまめに取り替えてあげないと、お尻がただれてしまうことがあります。布おむつでも紙おむつでも同じように、こまめに取り替えてあげましょう。おむつを取り替えるときは、お尻をきれいにして、乾燥させることが大切です。

 

 紙おむつは何回かおしっこしても大丈夫といわれていますが、長時間取り替えないでいると、おしっこのアンモニアの刺激でただれてしまいますので、注意してください。

 

 市販のお尻ふきでかぶれてしまった場合は、ふつうの脱脂綿をぬらしてお尻をふいてあげるとよいでしょう。

 

汚れたお尻を洗うには

 うんちなどで汚れてしまって、お尻ふきだけでは汚れを取りきれないときは、お湯を入れた洗面器でお尻だけ洗ってあげるとよいでしょう。紙おむつのうえで、お湯をかけて洗ってあげる方法もありますので、試してみてください。

 

 

あせも

 汗のかきやすい頬や首などに、赤いポツポツができることをあせもといいます。あせもができたら、アルカリ性の石けんを使うようにします。

 

 汗のかきやすいところは、こまめに拭いてよく乾燥させてあげてください。汗をよくかくようであれば、沐浴を1日に2回してもよいでしょう。

 

 着せすぎもあせもの原因となります。寒い時期でも、大人と同じか1枚少ないくらいの服装で大丈夫です。

 

 

湿疹

 赤ちゃんは新陳代謝が盛んなため、湿疹ができやすくなります。湿疹ができたら、沐浴のときに石けんでよく洗ってください。

 

 また、髪の生えぎわや頭皮、眉のあたりに、黄色いかさぶたのようなものができることもあります。かさぶたのようなものが硬ければ、ベビーオイルなどでやわらかくしてから洗います。
 この黄色いかさぶたのようなものは、成長とともに出にくくなりますので心配ありません。

 

乾燥が気になるときは

 赤ちゃんの肌がカサカサで乾燥が気になるようであれば、無香料・低刺激の乳液やローションで保湿してあげるのがおすすめです。

 

沐浴できないときは

 赤ちゃんを皮膚トラブルから守るために、沐浴させてあげて清潔に保つことは大切です。でも、赤ちゃんの元気がないときや下痢や吐いているとき、37.5℃以上の熱がつづいているときは、沐浴はしない方がよいでしょう。

 

 沐浴ができないときは、熱めのお湯でガーゼをぬらしてしぼり、わき・首・またなどの汚れやすいところを拭いてあげてください。皮膚が重なり合っているところが汚れやすくなっています。